アトピーの肌にできてしてしまったニキビの治し方~併発してしまった際の効果的な対応策~

アトピーの症状と対処

肌トラブルの代表とも言える「ニキビ」は、
アトピー性皮膚炎の肌にとっても、むしろ一般的な肌以上に脅威となるものです

<ただでさえ弱い肌>に、ニキビが発生することによって
より慎重なケアが必要になること、また<使えるケアアイテム>が限られることから
肌の状態を改善するために、時間がかかることも懸念される事態です。

言うまでもなく、アトピー肌にとってニキビとは
「正常な肌」以上に注意すべき肌トラブルであると言えます。

アトピー肌はニキビ発生のリスクも高い

ニキビとは、「アクネ菌」と呼ばれる雑菌が
毛穴をに入り込み、皮脂を媒介にして発生・繁殖するものです。

当然のことながら、皮脂が多いことによってリスクが高まるものであり
特にニキビはホルモンバランスが崩れた際に、できやすい理由に関しても
ホルモンバランスの乱れを受けた、自律神経の不具合による「皮脂」の増加にあります。

「思春期」といった時期には、成長に関わるホルモンが活発になり
自然と皮脂が増えてしまうことから、ニキビが多いことが知られます。

また<皮脂自体>だけの問題ではなく、皮脂が増えてしまう原因
肌が<不潔な状態>となってしまう事態を招く要因も関わることになり
アトピー性皮膚炎の特徴は、まさにニキビのリスクを高める要素が詰まっています。

悪化しやすい条件でもある

アトピーとニキビは、負の連鎖を引き超す<最悪の組み合わせ>です。

アクネ菌は皮脂を媒介とするため、乾燥している傾向のあるアトピー肌では
繁殖しにくいと考えがちですが、極度の乾燥は過剰な皮脂を招く要因となるものになります。

また元々「フケ」といった、排泄物が多い状態でもあり
その上から「ステロイド」や「保湿剤」を利用してしまうことによって
非常に「汚い湿気」をまとった皮膚の状態が作られてしまうことになります。

やはり、アトピー性皮膚炎の肌というのは
ニキビの根本的なリスクが、高い状態であると言えます。

ニキビに関するトラブルに中でも、特に問題となるものとして
「発生」だけでなく、「痕」に関するものが挙げられます。

この「ニキビの痕」というのは、<間違ったケア方法>によってできてしまうものになりますが
それに加えて、<弱い肌ほど残りやすい>ことも事実です。

アトピー肌に発生した、ニキビの痕は慎重にケアする必要があります。

特に女性にとっては一大事と言え、この先アトピー肌を改善したとしても
ニキビの痕が残ってしまった肌というのは、綺麗に仕上げることが難しいことになります。

アトピー肌にできてしまったニキビの対応策

アトピー性皮膚炎で悩む人にとって、ニキビの発生というのは
2つの症状・問題が「併発」してしまった、と受けとるべき問題です。

この問題を解決していく際には、

  • 可能な限り両方の症状を<同時に>改善することにつながるケア
  • アトピー肌にダメージを与えないこと

この2つを意識していくことが必要と言えます。

加えて「早急に」「徹底的に」ということが非常に重要な意味を持ち
そのためには、一般的な改善策以上の対処が必要と言えます。

アトピー肌専用ニキビアイテム

アトピー肌のためのニキビ・ニキビ痕に関連したアイテムは、非常に「ニッチ」と言えますが
その中でも特におすすめのアイテムが、「薬用RGアクネ&スキンケアセット」になります。

ニキビに対するケアだけでなく、その後(痕)のケアに関しても
アトピー肌を代表とした、弱い・敏感な肌のための仕様となっています。

※現在「薬用RGアクネ&スキンケアセット」の紹介は休止しております。

可能な限り「根絶」しておきたい

<常にニキビのある女性>というのは、世の中に珍しいものではありません。

そういった方に関しても、しっかりと改善には取り組んでいるはずなのです。

しかしながら、それでも良くならない
一般的な肌であっても、改善が困難なことが多いものがニキビです。

簡単に治せるものであれば、悩む人はいません。

「アトピーだからこそ」特別なケアで<根絶やしを目指す>ことが大切なのです。

そしてそれ以上に、<そもそも発生させない>ことが何より重要であり

  • 乾燥を避ける
  • 刺激を与えない
  • 清潔に保つ

といったことは、予防段階で徹底的に済ませる必要があり
それでもだめなら<専用ケアで徹底的に>と、意識しましょう。