アトピー性皮膚炎を引き起こす「きっかけ」の種類と症状が現れるタイミング

アトピーの症状と対処

「アトピー」とは、肌が痒くなる症状だけを指すものではなく
もともとは、「免疫疾患」全ての症状を指す名称になります。

免疫疾患とは、いわゆる「アレルギー」と呼ばれるものであり
「食物アレルギー」をはじめ

  • 鼻炎
  • 花粉症

といったものも含まれます。

また、アレルギーの問題では必ず話題に登ることになる
「ハウスダスト」は、これら全ての要因となるものであり
これらの症状の原因は、密接にリンクしいると考えられます。

つまり、どれか1つの症状に心当たりがある方は
「アレルギー体質」であると考えられます。

要因とタイミングは人それぞれだが

上記の症状に該当する場合には、
今までの経験から「症状が出るタイミング」を掴んでいて
「出そうだな・・・」「ヤバそうだな・・・」と思う状況
シチュエーションというものが、ある程度のパターンで思い浮かぶはずです。

アトピー性皮膚炎の場合・・・

  • 激しい運動をした後
  • お風呂上り
  • 埃っぽい場所にいる時

また、花粉や鼻炎といった場合には「季節」による
頻度・程度の変動、その年その年でも症状に違いがあり
「今年は例年よりもひどいな」と、感じた経験があると思います。

重い症状は現れるのも早い

最も「命にかかわる」と言える「食物アレルギー」の場合には、
アレルギーの対象・原因となるものを、食べた直後に発生することが多いものです。

その症状の「出方」には、個人差はあるものですが
その程度は「アレルギーの対象」によっても、差があるものになります。

代表的なものでは、

  • 牛乳
  • 小麦

といったものが広く知られており

  • ソバ
  • ピーナッツ

といったものは特に症状が重い、場合によっては「致命的」なもの
死亡例といったものも、度々報告されるものになります。

実は誰でも要因を持っている

冒頭に挙げた各症状は、「私も」という人も多いはずであり
決して珍しい・特殊な症状というわけではありません。

幼い頃から症状が時々現れたり、またその年によって特にひどかったりと
その「片鱗」を感じた経験は、多くの人に該当するはずです。

このことからも、「大人になってからのアトピー性皮膚炎」
誰もが持っている潜在的なリスクのある症状であり、
今は大丈夫であっても「ほんの少し」でも、アレルギー反応の経験があるのであれば
発症する可能性は否定できず、相応しい対処をする・用意する必要があります。